PR

実父と父の違いはなにか?簡単に解説‼

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

こちらでは、「実父」と「父」の相違点について解説します。

スポンサーリンク

実父とは誰をさす言葉なのか?

「実父」とは、血統上で父子関係にある男性を示す言葉として使われます。

「父」としての関係にある男性は血のつながりがなくても存在しますが、「実父」と言う場合、血統的に「父」である男性のみを示します。

したがって、血統上の男性とは面識がなく、生後からずっと自分の面倒を見てくれた男性がいたとしても、その人が「実父」であるとは限りません。

どの男性を真の「父」と感じているかは、この定義には影響しません。

スポンサーリンク

父とは誰をさす言葉なのか?

「父」とは、親の中で男性を示す言葉として使われます。

主には血のつながりのある男性を示すことが多いですが、必ずしも血のつながりのある男性だけを示すわけではありません。

自分を育て上げた家族の男性や、自分の母の再婚した相手、または自分の配偶者の父を指すことも考えられます。

具体的には、子供から見て父の役割を果たしている男性全般を「父」と言います。

子供との血のつながりがある場合がほとんどですが、例えば結婚している人の中には血のつながりのない「父」を持つ人も少なくないでしょう。

スポンサーリンク

実父と父の相違点

「父」と「実父」の相違点を、簡単に説明します。

父の役割を果たしている男性全般を「父」と称し、血統上の男性を「実父」と呼びます。

「父」には、自分を育ててくれた男性や配偶者の父など、血のつながりがない男性も含まれます。

一方で、「実父」は、血のつながりがない男性を除外し、自分と直接的な血統関係にある男性のみを指します。

スポンサーリンク

実父と父の違いのまとめ

父親としての役割を持つ男性を広く「父」と称し、その中で血のつながりのみを持つ男性を「実父」と呼びます。

人の一生の中で「父」としての関係を築く男性は、結婚や養子縁組などの様々な状況により増えることが考えられますが、「実父」としての存在は、どんな経験をしても一人のみとなります。

タイトルとURLをコピーしました