挨拶ができない子供の心理とは?今日からできる効果的なしつけ方

子育て

挨拶ができない子供の心理は“こわい” “遠慮” “反抗”の3パターンです。

子供に挨拶ができるようにしつけをする際は、それぞれの理由に合った言い方・伝え方をする必要があり、そこを間違えてしまうと余計に挨拶が苦手になってしまうおそれがあります。

逆に言えば、自分の子共がどの心理パターンなのかを理解し、適切なしつけ方をすることで子供の方からすすんで挨拶できるようになりますよ!

この記事では

・挨拶ができない子供の心理とは?
・挨拶ができないと大人になってから困る?
・挨拶ができない子供へのしつけ方のコツ3選

などを、子供のころから挨拶が大の苦手だった私が、実際に挨拶できるようになった方法も含めて詳しく解説していきます。

自分から誰にでも挨拶できる子になってほしい
学校や園では挨拶できるのにご近所や親戚へ挨拶してくれない

という方はぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

挨拶ができない子供の心理とは?

 
挨拶ができないときの子供の心理はこの3つです。

・慣れてない大人がこわい
・会話に入らない方が良いと思っている
・親の前で挨拶をしたくない

順番に解説していきますね。

慣れてない大人がこわい

初対面や数回しか会ったことがない大人が単純にこわくて、人見知りしてしまっているパターンです。

中には知らない大人にも物怖じせずに話せる子もいますが、多くの子は情報の少ない相手に対して警戒したり、内向的になってしまうんですね。

会話に入らない方が良いと思っている

自分の親と相手との間に“大人の世界”みたいなものを感じて、自分は会話に入らない方がいいだろう、と遠慮をしていることがあります。

子供って大人が思っている以上に、色々なことを考えているんですよね。

実は私もこのパターンで、毎回必死に自分の存在感を消そうとしていました(笑)

親の前で挨拶をしたくない

これは少し精神年齢が高い子によく見られるのですが、親に対する反骨精神がめばえ、親の前でいい子な自分を見せることが恥ずかしいという心理が働いている状態です。

この場合、挨拶自体が苦手なわけではないので、学校や園など一人のときは普通に挨拶できる子が多いですね。

挨拶ができないと大人になってから困る?

 

挨拶が苦手な子供は大人になってから困るのかというと、答えはノーです。

部活や習い事がきっかけで挨拶ができるようになる子も多いですが、そういった機会が無かったとしても、社会や人間関係で必要な最低限の挨拶は、誰でも自然に身につくものなんですよね。

できるようになるペースは人それぞれなので、焦らないことが大切です。

強く叱ったりするのは逆効果で、余計に挨拶が苦手になってしまうことも…

ただ、小さい頃から誰にでも挨拶ができれば、早いうちから社交性が身についたり、人見知りしにくい子になることも多く、そうなってほしいと考えるのが親心ですよね。

では、どうしたら挨拶が苦手な子供が自分から挨拶ができるようになるのか

ポイントはそれぞれの心理パターンに合った言い方、しつけ方をすることです。

挨拶ができない子供へのしつけ方のコツ3選

しつけ方のコツ①慣れてない大人がこわい子には『普段から相手の話をしてあげる』

“知らない人”が怖いのであれば、“知っている人”に変えてあげればいいだけなんです。

その相手の大人がどういう人で、お母さんお父さんとどういう関係なのかを、事前にきちんと話してあげることで「ちゃんと挨拶しなさい」と伝えるまでもなく、自然と挨拶ができるようになりますよ。

しつけ方のコツ②会話に入ろうとしない子には『タイミングをつくってあげる』

こういう子は
自分が間に入って挨拶してもいいのか迷っている
挨拶のタイミングがつかめない
だけであって、挨拶そのものがしたくないわけではありません。

なので親の方から
「この人はご近所の◯◯さんだよ。ご挨拶しようね。」
声をかけてあげたり、答えられそうだったら質問をふったりすることで、子供の遠慮をとりのぞくことができます。

挨拶が苦手だった私も、こうやってタイミングつくってもらったときは、きちんと挨拶できていました。

しつけ方のコツ③親の前で挨拶をしない子には『何も注意しない』

このパターンの子は、反発恥ずかしさから親の前で挨拶をしたくないだけで、挨拶自体ができないわけではないので、無理に注意する必要はまったくありません

むしろ叱るように注意をすると余計に反骨精神をあおってしまい逆効果になるので、どうしても挨拶してほしい相手がいるのであれば

「お母さんお父さんにとって大切な人だから、形だけでもいいから挨拶してね」

など強い言葉を使わずにうながすように伝えましょう。

まとめ

 
挨拶ができない子供の心理“こわい” “遠慮” “反抗”の3つです。

しつける際に強く叱ったりするのは逆効果で、余計に挨拶が苦手になってしまうこともありおすすめできません。

挨拶ができない子供へのしつけ方のコツは、心理別に3つありましたね。

・慣れてない大人がこわい子→『普段から相手の話をしてあげる』
・会話に入ろうとしない子→『質問をふってあげる』
・親の前で挨拶をしない子→『何も注意しない』

大切なのはそれぞれの理由に合わせた言い方をしてあげることです。

これら参考に自分の子に合った対応を実践して、苦手な挨拶をあせらずに少しずつできるようにサポートしてあげましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました