スポンサーリンク

たこ焼きがうまく焼けない!?原因とコツを徹底解説!

スポンサーリンク
料理

自宅でたこ焼きを作る時にお店のようにうまく作れないのは原因があります‼

うまくひっくり返せなかったり、具材がはみ出してしまったり、生焼けだったり…

しかし、コツさえつかめば、誰でも綺麗なたこ焼きを焼くことができるようになるんですね。

そこで今回は

・なぜ自宅ではたこ焼きがうまく焼けないのか
・たこ焼きがうまく焼けない理由
・たこ焼きをうまく作るコツ

について生粋の関西人と結婚し、週1でたこ焼きを作る私がお伝えしていきます。

ポイントを守れば本格的なたこ焼きが自宅でも作れますし、子供にも喜ばれること間違いなしです!

スポンサーリンク

たこ焼きがうまく焼けないのは火加減と生地の量が原因だった!?

 
自宅でたこ焼きを作るときに、お店との決定的な違いは何か。

それは火加減です。

業務用の大きなガスと、家庭用の電気プレートでは火力がそもそも違います。

ですから自宅でたこ焼きを焼く時は強火、もしくは中火以上で焼きましょう。

強い火力で焼き上げることでカリッとしたたこ焼きができあがります。

もう一つの原因は生地の量です。

生地を少なめに流し入れていませんか?

ケチケチするのではなく、生地が穴から溢れるくらいまでドバっとしっかりと入れましょう!

生地をたっぷりと入れた方がひっくり返しやすくもなります。

丸く整えるにはコツが必要ですが、慣れれば誰でもお店のようなたこ焼きを作ることができます。

スポンサーリンク

なぜたこ焼きがうまく焼けないのか?

 
では、なぜ火力が弱いとたこ焼きがうまく焼けないのでしょうか?

それは鉄板が均等に温まっていないからです!

油が鉄板にしっかりと馴染んでいない状態で生地を流し入れてしまうと、焼きが甘くなってしまいます。

焼きムラができてしまうということです。

これが失敗の原因なんですね。

焼きムラがあるとピックでひっくり返しにくくもなってしまいます。

うまくひっくり返らないとそこで手間取ってしまい、綺麗に仕上がりません。

鉄板全体に油が馴染むように中火もしくは強火で鉄板を温めておきましょう。

目安は生地を流し入れたときに「ジュ」と音がするくらいです。

油をしっかり塗って焦げを防ぐことも重要になります。

プレートの穴に3ミリ〜5ミリ程度油が溜まるくらい多めに油をひきましょう。

次に生地の量です。

プレートに注ぐ生地が少ないと焦げの原因になったり、具材が飛び出してしまったりします。

ひとつひとつの穴に注いでいくのではなく、プレート全体が埋まるように生地を流し込みましょう

そうすることで、生地の中に含まれる空気がふわふわ食感を生み出します。

生地をたっぷり流し入れることで、まん丸なたこ焼きになりますよ!

スポンサーリンク

たこ焼きをうまく作る方法は?コツをおさえよう!

 
たこ焼きをうまく作るコツは2つあります。

・ひっくり返す前に生地をしっかりと区切ること
・焼き上がったら最後に油を塗ること

この2つです。

生地をしっかりと区切ることで、ひっくり返しやすくなりますし、綺麗な丸い形に作ることができます。

区切らないままひっくり返そうとしても、なかなかうまくいきません。

慣れない作業なので串やピックを2つ用意して、形を整えます。

生地が焼けていない状態では綺麗にひっくり返らないので、しっかりと焼けているか確認することも忘れずに。

飛び出た部分を中に入れるようにすると、形が整いやすいです。

ピックを斜めに傾けて生地を下から掬うようにひっくり返しましょう。

慣れてくるとこの作業が楽しくなります。

丸い形になってきたら、生地に串やピックを刺して持ち上げてひっくり返すようにすると綺麗な形になります。

丸い形に整ったからといって気を抜いてはいけません。

焦がさないように様子を見ながら均等に焼きましょう。

プレートによっては焼く場所によって火加減が異なるので、場所を移動させたり一旦取り出したりしてもいいですね。

最後の仕上げに丸く整えたたこ焼きに油を塗ってください。

これが2つ目のコツです。

この一手間で仕上がりが全く違うものになります。

油を塗って焼き上げることで、表面がカリカリになります。

お店のような外はカリカリ、中はトロトロのたこ焼きの完成です。

油を塗る際には専用のたこ焼きスティックがあれば塗りやすいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

 
たこ焼きがうまく焼けない原因と解決方法を解説しました。

注意点は2つ。

・火加減が弱すぎるとや焼きムラができること。
・流し入れる生地の量が少ないと焦げやすいこと。

うまく作るコツも2つありました。

生地をしっかりと区切ることで丸めやすくなり、仕上げに油を塗ることで外側がカリカリに仕上がります

最初はうまくいかなくても、慣れてくるとどんどん上達していきますよ。

見た目も綺麗で美味しいお店のようなたこ焼きを作ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました